Pocket

 
突然だが
RPG、つまりロールプレイングゲームをプレイしたことはあるか? 

僕は小学生の時に「桃太郎電鉄」というパーティーゲームと間違って買った
「桃太郎伝説」というRPGにハマった。笑 
 
だってパッケージにあの独特のテイストの桃太郎のキャラクターが描いてあったから。
 
あの桃太郎電鉄と同じ会社が同じキャラクターを用いて
新しくRPGのゲームとして作ったものだということや
前者を桃鉄、後者を桃伝と略すことなどを知ったのは後になってからだった。
 
一般的なRPGは洋風のテイストだ。
体力はHP、魔法力はMP、通貨はコインなどと表記するのが一般的だと思うけど、
桃伝はそれぞれ体、術、両などと表現し、和風テイストの世界観が
独特のいい雰囲気を醸していた。
 
いずれにしても、間違って偶然買った”桃伝”は神ゲーだった。
面白い。
ハマったんだ。
 
 
おもいおもいに進んで敵が現れて倒す。 
また進んで倒す。 
 
でもある時倒せない強敵が現れる。 
何度やっても勝てない。
 
 
近くのフィールドでレベル上げをする。
もう一度強敵と戦う。
「勝てた‼やったー‼」先へ進む。
 
敵と戦う、勝つ、先へ進む、勝つ、
進む、勝つ、勝つ、勝つ、負ける。
また強敵が現れた。
 
「しょうがない。レベル上げするか!」
強敵に勝つ!また次へ進む!
 
 
 
人生はRPGだ。
 
いいんだ。
何度油断して失敗して反省しても。
大事なことはそれに気づき自分を律する事。
 
同じレベルで再チャレンジするのではなく、
課題を見つめ、レベル上げに努める。
 
困難な課題にぶち当たったとしても、
今まで歩んだ道を振り返れば旅を始めた頃の自分とは
雲泥の差がついている自分に気づける。
 
自分がダメなんじゃない。
成長した自分は「より困難な課題」に直面することができているんだ。
 
RPGは冷静に観察すると物凄く単調なゲームだ。
町を出て、敵と戦い、町に戻り、宿屋で寝る。
プレイ時間の9割はただひたすらその繰り返しだろう。
 
その単調な繰り返しを無意味なものと感じるか
意味のあるものと感じるかは「目的があるかどうか」だ。
 
ゲームなら「世界に平和を取り戻す」ことだろう。
現実の自分はどうだ。
何か目的があるはずだ。
それを見失ってしまったらただの単調な作業の繰り返しでしかない。
 
常に目的を確認し、レベルを上げつつ強敵に打ち勝ち、
さらなる強敵へと挑むべく進む。
 
そのために今日も単調な繰り返しを積み重ねる。